Back to blog

【転職者必見】理想的な志望動機の書き方や注意点を徹底解説!

転職をする時に履歴書や面接で必ず聞かれるのが志望動機です。志望動機は、採用の合否に大きく関わる重要な項目です。

一方で、
「志望動機で何を書けばいいか分からない」
という方も多いのではないでしょうか?

本記事では転職時の志望動機を書く上でのポイントや注意点を解説します。

志望動機とは?

志望動機とは、応募先の企業で働きたい理由です。企業の採用担当者は応募者の志望動機を聞くことで、

  • 企業との相性
  • 企業の理解度
  • 早期離職の可能性

などを確認しています。職務経歴・自己PRともに重視される項目であり、志望動機の充実度次第で書類や面接の通過率が大きく変わることもあります。

志望動機を書く際のポイント


志望動機を書く上でのポイントを4つ紹介していきます。志望動機のポイントを押さえ、面接官が納得するような志望動機を作り込んでいきましょう。

転職理由を明確に伝える

あなたがなぜ転職に踏み切ったのか、転職の理由を明確に伝えましょう。単に「ここで働きたいから」では採用担当者は納得してくれません。

「なぜ現職を辞め、転職したいと考えているのか」

と転職理由を明確にし、応募先の企業にしっかりと伝えることが大切です。転職理由が明確でないと、「計画性のない転職かもしれない」「すぐに辞めてしまうのでは?」とネガティブな印象を与えてしまう可能性があります。

志望動機を書く上で大事なのが、自己分析です。自己分析を通して、

「仕事で大切にしていることは?」
「どういうときにやりがいを感じるか?」

など、あなたの仕事における考え方や価値観を整理しましょう。

ポジティブに伝える

転職理由・志望動機は、ポジティブに伝えるように心掛けましょう。転職理由は人間関係や職場環境、待遇への不満であることが多いです。

しかし、採用担当者は、応募者の不満や愚痴を聞きたいわけではありません。ネガティブな理由は採用担当者に「また同じ理由で辞めてしまわないか」とマイナスイメージを与えかねません。あくまで、今回の転職が自分にとって前向きなアクションの結果であることを伝えることが大切です。

本当の転職理由がネガティブだとしても、ポジティブな内容に変換するようにしましょう。
ネガティブな理由をもとに、解決するための具体的な改善策を考え、応募先の企業ならそれを実現できるということを説明できるのが理想です。ポジティブな変換例を以下に記載しましたので、参考にしてください。

ネガティブ ポジティブ
サービス残業が多い 成果を正当に評価してほしい
人間関係が嫌だ みんなと意思疎通を取りながら働きたい
ノルマがきつい 顧客と長期的な信頼関係を築きたい
ワンマン経営である 自分の目標に向かってチャレンジしたい

 

転職理由が前向きである方が、担当者にも好印象を与えることができます。ネガティブな理由に隠れるポジティブ要素を見つけ、前向きな姿勢で転職か活動に臨むようにしましょう。

オリジナルな内容にこだわる

採用担当者に志望度の強さをアピールするためには、オリジナルな内容にこだわる必要があります。どの企業にでも通用するような志望動機では、採用担当者には響きません。より具体的な内容にするために以下の3つポイントを押さえることが重要です。

  1. なぜ、この会社なのかという疑問に答える
  2. 企業が求める人物像を踏まえたあなたの実績・強みをアピールする
  3. 強みがどのように企業に貢献できるかと具体的に説明する

企業を理解するためにも企業分析は必須です。求人情報や採用ページはもちろんのこと、企業のホームページや外部メディアなどをチェックし、企業ごとの特徴や考え方を知っておきましょう。それらを知った上で企業ごとの志望動機を作成していく必要があります。

シンプルでわかりやすい内容を心掛ける

内容を盛り込んでも、採用担当に伝わらなければ意味がありません。シンプルで分かりやすい内容を心掛けましょう。志望動機の構成では、PREP法を意識すると良いです。

POINT(結論) 志望理由を簡潔に述べる
REASON(理由) なぜその志望理由なのかを具体的に説明する
EXAMPLE(具体例) 現職での実績、入社後のイメージを共有する
POINT(結論) 自分の強みを交えて再度、志望理由を述べる


ビジネスの場でも、いかに簡略的にわかりやすく伝えるかが求められます。結論から話すことで、要点が分かりやすく聞き手側も理解しやすいです。

志望動機を書く際の注意点

採用担当者にネガティブなイメージを与えないために、志望動機を書く際の注意点を2つ紹介していきます。

志望動機が待遇や制度を優先している

転職する上で、福利厚生など制度や待遇面は大事なポイントですが、志望動機として書いてしまうと「仕事への意欲が低いのでは?」と思われてしまいます。

採用担当者が重要視するのは、「今後一緒に働いていけるか」という点です。志望動機では、仕事に対する意欲や熱意を伝えるようにしましょう。

学ばせてもらうスタンス

「学ばせてもらいたい」は受け身の姿勢として捉えられ、マイナスイメージを与えかねないので注意が必要です。企業はあなたが即戦力として仕事に貢献してもらうことを望んでいます。

学ぶ姿勢を見せつつも、これまで身につけた知識やスキルが何に活かせるかを伝えることが大切です。

よくある質問

転職の志望動機を書く上でよく聞かれる質問を紹介していきます。

履歴書と面接では志望動機の内容を変えるべきか

履歴書と面接では志望動機を変える必要はありません。むしろ履歴書と面接で志望動機を変えてしまうと、志望動機に矛盾が生じてしまう可能性があります。

ただし、履歴書に書いてある内容をそのまま読み上げるのはやめましょう。履歴書の内容に沿って、履歴書に書かれていない具体的なエピソードを交えると、より採用担当者の印象に残りやすくなります。

志望動機はどのぐらいの分量を書くのが良いのか

短すぎても長すぎても良くないです。150〜200文字くらいの分量で書くと良いでしょう。
分量より大事なのが、わかりやすさです。結論を先に述べ、理由・具体例と話を展開していくと、聞き手に伝わりやすくなります。

志望動機の内容に自信がない

「志望動機の内容に自信がない」「この内容で大丈夫か」と不安に思う方は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。幅広い業界の知識も持ち合わせた転職エージェントのプロが、客観的な視点であなたの志望動機にアドバイスしてくれます。

弊社サービスの「Miractive」では、地方転職を初めとした転職全般のサポートを行っています。

  • キャリアカウンセリング
  • 非公開求人のご紹介
  • 面接対策
  • 日程調整
  • 条件交渉

など、転職活動の全ての工程をプロのコンサルタントが完全オンライン無料でサポートします。実際にプロに相談してみたいと感じた人は、ぜひ気軽にお問い合わせください。

Miractive(ミラクティブ)

まとめ

今回の記事では、転職活動における志望動機のポイントや注意点について解説していきました。志望動機は伝え方や内容次第で採用担当者への印象も大きく変わります。
志望動機のポイントや注意点を押さえたうえで、志望動機を作成するようにしましょう。