Back to blog

転職面接で聞かれる質問とは?面接の流れに沿って対策方法を解説

転職活動で避けては通れない面接。

「転職の面接ではどのような質問をされるのだろう?」

と不安に感じる人もいるのではないのでしょうか。
転職面接で聞かれる質問はパターンが決まっています。事前に傾向を把握し対策をすることが重要です。

当記事では、転職面接の流れと面接でよく聞かれる質問を紹介していきます。

転職面接の流れ

転職面接は、一般的に下記の流れで進められます。

  • 自己紹介
  • これまでの仕事内容
  • 転職理由
  • 志望動機
  • 募集内容の説明
  • 自己PR・入社後について
  • 採用条件の確認
  • 逆質問

面接によっては各項目の順番が違ったり、触れられない内容もありますが、基本的な流れは上記のように進められます。面接全体の流れを押さえた上で質問への回答を準備するようにしましょう。

転職面接でよく聞かれる質問

ここからは実際にどのような質問がされるのか、面接の流れに沿って順番に紹介していきます。

自己紹介、経歴の説明

初めに聞かれることは「自己紹介」と「職歴の説明」です。
自己紹介や経歴の説明を通して面接官は、

  • あなたがどのような人なのか
  • どのような仕事をしているのか

など、あなたの経歴や実績が会社の求める人物像とマッチしているかを見ています。
また、応募者のコミュニケーションスキルもあわせて確認しています。

自分の人となりやこれまでどのような仕事に携わってきたのかを簡潔に説明しましょう。自己紹介は確実に聞かれる内容ですので、事前に履歴書をもとにしたテンプレートを準備しておくこともおすすめです。

転職理由・志望動機

次に聞かれることは、「転職理由」と「志望動機」です。

  • なぜ現職を辞めようと思ったのか
  • なぜ面接先の企業に入社したいと思っているのか

など、入社意欲の熱意や退職理由の合理性などを見ています。熱意が伝わる志望動機にするためには、転職の軸を見つけることが大切です。

転職の軸とは、下記のようにあなたが転職先の会社を選ぶ際の判断の軸となる動機や考え方を指します。

  • 自分がなりたい将来像は何か
  • 仕事のモチベーションは何か
  • 仕事を通じて実現したいことは何か
  • どういった社風・環境で働きたいか

また転職理由では、「上司が嫌いだったから」「企業方針が合わなかった」など前職の批判やグチになるのは避けましょう。計画性のない転職と判断され、面接官にネガティブな印象を持たれてしまいます。ネガティブな理由の場合でも、単に批判やグチを述べるのではなく、解決策を提示し「御社に入れば解決する」とポジティブに伝えることが大事です。

自己PR・入社後について

自己PRは、あなたを最大限にアピールできる重要な時間です。面接官は、あなたが入社することでどのように会社に貢献してくれるのかを知りたがっています。

  • これまでの仕事経験をもとにした自分の強み
  • 面接先の会社に入社することでどのように活躍が出来るのか

など整理し、あなたのセールスポイントを具体的にアピールするようにしましょう。入社後のイメージが明確であると、入社後の意欲が面接官により伝わるようになります。

また、求人情報には、「求める人物像」や「必要なスキル」が記載されていることがあります。自己PRがうまくかけないという方は、求人情報をもとにアピールポイントを組み立てると良いでしょう。

逆質問

面接の最後には、面接官から何か質問はないか?と質疑応答の場を設けられることがあります。

逆質問は必ず行うようにしましょう。逆質問がないと、面接官は「入社意欲がないのでは?」と思われてしまう場合があります。面接で触れられなかったこと、自分が入社する上で気になっていることを質問し解消するようにしましょう。

また、待遇や条件に偏った質問が多いと、面接官にマイナスイメージを与えてしまう可能性があるので注意が必要です。会社の事業内容や自分の配属先の仕事内容など、入社後のイメージをできる質問ができると、面接官から好印象を持たれやすいです。

転職面接で押さえておくポイント

ここでは面接時に質問以外に押さえておくべきポイントについて紹介していきます。面接での回答が良くても、面接のマナーなどをしっかり押さえとかないと面接官に悪い印象をあたえかねません。

下記のポイントを押さえ、万全の準備を持って面接に臨むようにしましょう。

到着時間

まずは、会場への到着時間です。原則として遅刻は厳禁です。時間には余裕を持って約束の10分前に到着するようにしましょう。

交通機関などの影響でやむを得ず遅れる場合は、電話を入れ到着時間を連絡します。

服装・髪型

服装や身だしなみは第一印象を決める大きな要素になります。服装に関しては特別な指定がない限りはスーツを着るのが無難です。新卒の就職活動で用意したリクルートスーツではなく、ビジネススーツを一着用意しておきましょう。

そしてなにより大切なのが「清潔感」です。清潔感を確認するためのチェックリストを以下にまとめました。面接前の確認用として活用してください。

  • スーツにしわがないか
  • カビやタバコの臭いはしないか
  • 靴は磨いたか
  • 髭の剃り残しはないか
  • 髪はボサッとしていないか

持ち物

持ち物を忘れないことも社会人としての最低限のマナーです。面接の場面や会社によって持ち物は様々ですが、履歴書や職務経歴書、その他必要なものについては事前に確認をしてしっかりと準備をしておきましょう。

面接中のマナー

転職面接に臨む上で、最低限の面接マナーを覚えておくことは重要です。面接官は、応募者の話している内容だけでなく、「話し方」や「姿勢」を見て総合的に判断しています。基本的なマナーや気をつけるべき点を整理しましたので、参考にしてください。

  • ドアを3回ノックし「失礼します」といって入室する
  • あいさつや話す際は、はっきりとした声で話す
  • 視線は、面接官に向けるようにする
  • 足や腕を組まない
  • 顎を引いて背筋を伸ばす

転職面接に関するよくある質問

最後に転職面接に関するよくある質問を紹介していきます。

逆質問で聞いた方が良いことはあるか

素直に自分が知りたいと思ったこと、疑問に感じた点を質問するべきでしょう。事前に会社HPや転職エージェントに相談をして情報収集し、その上で分からなかったことをリストアップしてみてください。

面接のやり方が分からない、自信がない

面接という機会は日頃そう頻繁にあるものではないため、多くの人が不安に感じています。本ブログを運営しているMirise upでは転職や面接のサポートも行っています。ひとりで行き詰まった時にはお気軽にご相談ください。

転職支援サービス「Miractive(ミラクティブ)」|Mirise up

まとめ

今回は転職面接の流れとよく聞かれる質問について紹介してきました。転職の面接の流れと質問される内容は、基本的に決まっています。事前に流れを把握し、各々の質問の答えをしっかりと用意しておくことが転職面接の成功に繋がります。

当記事を参考に準備を進め、転職面接に臨んでみてください。