Back to blog

やりがいのある仕事はどのように見つける?具体的な解決策までご紹介!

仕事をする上でやりがいを大事にされる方は多いでしょう。しかし今の仕事にやりがいを感じることが出来ていないという声も少なくありません。本記事では、一般的にやりがいがあると言われている仕事や、自分に合ったやりがいのある仕事の見つけ方について紹介していきます。

やりがいのある仕事とは?

やりがいとは、物事に対する充足感や手応えのことを指します。仕事での「やりがい」は以下のようなものが挙げられます。

  • 人から感謝されたとき
  • 仕事で成果が出たとき
  • 他人からの評価を得たとき
  • 自身の成長が感じられたとき
  • 目標を達成したとき
  • 尊敬できる人と一緒に働いているとき
  • 社会に貢献したという実感を得たとき

他にも収入が良い、仕事量に見合ったインセンティブがあるなど、やりがいを感じる基準は人それぞれです。

この記事を読んでいるあなたも、仕事をしていてやりがいを感じた瞬間はありませんか?
あなたが感じたその「やりがい」は仕事をする上で大事な軸となります。自分にとって仕事をするやりがいが何かと考えることが大切です。

今の仕事にやりがいはないか再確認しよう

やりがいのある仕事を見つけようとすると、今の仕事を軽視しがちです。転職したからといって、やりがいのある仕事に出会えるとは限りません。転職先でもやりがいを感じられずに職を転々としてしまうリスクもあります。

まずは今の仕事にやりがいがないか探してみましょう。
どんな仕事にもやりがいになり得る要素は転がっています。今の仕事にやりがいを見出すには、以下の7つの方法があります。

  1. 自分なりの目標設定をする
  2. 改善点がないか模索してみる
  3. 全力で取り組んでみる
  4. 上司に相談する
  5. 仕事を休んでリフレッシュする
  6. 趣味など仕事以外の楽しみを持つ
  7. 部署異動の希望を出す

まずは今の仕事でどんな時にやりがいを感じられるか試行錯誤してみましょう。その後に上記の方法を試してみてください。

やりがいのある仕事3選!

世の中にはやりがいを感じやすい仕事があるのも事実です。ここではやりがいを感じやすい仕事を3つピックアップして紹介していきます。

やりがいのある仕事①Webエンジニア

1つ目は「Webエンジニア」です。WebエンジニアはIT化が進むにつれて需要が高まってきている職業です。社会からのニーズが高い反面、スキルのある人材が不足しているのが現状としてあります。スキルを身につけ、周りから求められる人材として働くことが出来れば、やりがいを感じることが出来るのではないでしょうか。

ITに携わりたい、スキルを身につけ成長したいという方におすすめの職業です。

やりがいのある仕事②接客業

2つ目は「接客業」です。接客業ではお客様と直接関わる機会が多いため、自分のサービス次第で感謝を伝えられることも他の仕事に比べて多いです。「人から感謝されること」にやりがいを感じる人は1つの選択肢になるでしょう。

やりがいのある仕事③地方就職

3つ目は「地方就職」です。地方出身で地元に思い入れがある人、地方創生に興味がある人にとっては働き場所を地方に移すのもやりがいを高める方法の1つです。Uターン・Jターン・Iターンという言葉が広がってきているように、地方就職はトレンドになっています。

仕事内容だけではなく、働く場所に視点を移すこともやりがいを見つけるためには重要です。

地方転職では求人数に注意!都市部と比べると求人数が少ないため、自分の希望職種が見つけづらい可能性があります。効率的に仕事を探すためにも大手転職エージェントや地方特化型のエージェントを活用すると良いでしょう。

本当にやりがいのある仕事を見つける方法

やりがいのある仕事は人それぞれです。ここでは、実際に自分に合ったやりがいのある仕事をどのように見つけていくかを紹介していきます。

①自己分析

やりがいのある仕事を見つける1つ目の方法は自己分析です。

今までの自分の仕事経験を振り返って、

「この仕事をしている時に楽しさを感じた」
「このタイミングでやりがいを感じた」
「このスキルを身につけたい」

など気づいたことを紙に書き起こしてみましょう。
これらの条件を書き出すことで、仕事を見つける際の基準が明確となります。やりがいのある仕事を見つけるきっかけになるかもしれません。

また自己分析のコツは、自分が感じたことに対して「なぜ?」と問いかけることです。

「なぜ、この仕事が楽しいと感じたか?」
「なぜ、このスキルを身につけたいと感じたか?」

と疑問を投げかけ自分の考えを深堀りすることで、より自分のやりがいのある仕事のイメージが鮮明になります。

②企業分析

自己分析ができたら、次は企業分析です。企業分析は、自分の希望とあった企業とマッチするために必要なステップといえるでしょう。また企業への志望動機を具体化するためにも、企業を知ることは大切です。自己分析の条件に当てはまる企業がないか探してみましょう。

自分が働いている職種・業界以外の仕事を見てみるのも1つの手です。世の中にどのような仕事があるのかを知ることで、新たな発見があるかもしれません。

自分が働いている職種、業界以外にどのようなものがあるのか、時間をとって調査してみることで、今までよりも視野を広げることが出来ます。

③エージェントを通してプロに相談

転職エージェントを使ってプロに相談するのも1つの手です。転職希望者にとって日々の仕事をしながら、企業を探すのはなかなか骨が折れる事だと思います。また、自分ひとりで考えていても行き詰まってしまうこともあるでしょう。

転職エージェントのプロは幅広い業界の知識も持ち合わせており、それらの知識をもとにあなたにあった企業を探してくれます。エージェントを通してプロに相談することで、客観的なアドバイスをもらえるので、やりがいのある仕事を見つける手助けとなるでしょう。

弊社サービスの「Miractive」では、地方転職を初めとした転職全般のサポートを行っています。

  • キャリアカウンセリング
  • 非公開求人のご紹介
  • 面接対策
  • 日程調整
  • 条件交渉

など、転職活動の全ての工程をプロのコンサルタントが完全オンラインでサポートします。実際にプロに相談してみたいと感じた人は、ぜひ気軽にお問い合わせください。

Miractive(ミラクティブ)

やりがいのある仕事に関するよくある質問

やりがいのある仕事の見つけ方について、多くの人が抱えている悩みをご紹介します。

やりがいのある仕事が見つからない時はどうすればいいか?

やりがいのある仕事、やりたい仕事はすぐに見つかるわけではありません。実際多くの人が同じような悩みを抱えています。まずは今の仕事にやりがいを見つけることから始めてみましょう。

過去を振り返ってもやりたいことが見つからない場合は?

過去の自分を振り返った時にやりがいを感じない人もいるでしょう。そういった時は自分だけではなく、他の人がどのような時にやりがいを感じているのか参考にしてみてください。参考にする方法としてはブログを読んだり、エージェントに相談するなどがあります。

まとめ

今回の記事では、やりがいのある仕事の見つけ方についてご紹介しました。やりがいを感じる瞬間、仕事は人によって様々です。

自分にとってのやりがいのある仕事は何なのか?
本記事を参考に、あなたのやりがいのある仕事探しに役立てて頂ければ幸いです。